It's a SportsWorld

シイラシーズン到来

ソルトウォーターパワーゲームの季節がやってきた

皆さん!今年もソルトウォーターパワーゲームの季節がやってきました。昨年は、イワシが多く、シーズンイン当初からシイラがボコボコで、その後はブリブリのサバだらけと美味しい釣りが楽しめましたが、はたして今年はどうなのでしょうか。先日様子をみがてら熊野灘に進出してきました。

シーズンイン当初何がいいかというと、とにかくシイラのサイズがでかい!小型でも80、90cmはあたりまえで、でかいやつになると150cmクラスにもなります。正直このサイズになると本格シイラタックルでもそう簡単には上がってきません。飛んで跳ねてすっ飛んで、ここがシイラゲームの面白いところではないでしょうか。

海もベッタリ。絶好の釣り日和さて、当日は、お天気が崩れる直前で、海もベッタリ。まさに絶好の釣り日和です。なぜかというと、潮目がはっきり見えるだけでなく、浮流物やイワシのナブラ、トビウオなどベイトもよく見えるからです。

シイラはバスと同じストラクチャーフィッシュで、潮目沿いの流木や、ブイなどに付く習性があります。ところが、この日沖にはなぁ〜んにもありません・・・潮目ははっきり分かるのですが、こう何もないとどこに行けばいいか・・・海の状態は最高ですが、状況は最悪です。

宇久井沖の大敷のブイ闇雲に走ってもしょうがないので、宇久井沖の大敷(定置網)のブイに行くことに。ここは昨年もいい思いをしているポイントなので、きっとシイラはいるだろう?と期待しつつ、でもベイトおらんからなぁ〜・・・。

ともあれ、信じてキャスト!スタッフ坂口のルアーにコバルトブルーの魚体が数匹!おった!おった!こちらのテンション急上昇です。しかぁ〜しっ!ベイトがいないためか、チェイスはするものの、バイトしてくれません。とにかくタイミングもあるので、キャストは続けます。

ブイの片隅でバイト!ブイの片隅でボイルを発見!すかさずキャストすると、やっとバイト。長かったぁ〜と思いきや、速攻バレちゃったぁ・・・いやいや、こんなことにはへこたれません!もう大敷の周りを何周したのでしょうか?
あきらめかけたときにやってくるんですねぇ!ルアーに猛突進してきますが、距離がなぁ〜い・・・しょうがないので、止めてハイピッチショートジャーク!!今度はがっつりです!何とかフックアップしたので、一安心。さあ、ここからが力勝負です。

120cmの良型シイラバイトしたのはチェイスした中の一番でかいオス。余裕のメーターオーバーです。このサイズになると、10m、20mなんて一瞬で走っちゃいます。そのためにもドラグ調整は重要ですよ!
約20分のファイト後ようやくキャッチに成功。
今シーズン初は、120cmの良型でした。
それにしても、やりとりの途中幾度となく船底をこすられ、もうダメかな?と思いましたが、VARIVASラインに助けられました。あれだけこすられて切れないんですから強いですね。

シーズン始まったばかりでかなりヒートアップしていますので、皆さんもどうですか!熊野灘フィッシングガイドも随時受付ていますよ!

ダイワ・ドラドペンシル当日のタックルは、UFMウエダ・ドルフィントゥイッチャーPPS-60ML-TにツインパワーMg4000。ラインは、VARIVASソルトウォーターVEP16lbをビミニツイストでダブルラインにし、VARIVASショックリーダーVEP30lbをセット。
ルアーは、ダイワ・ドラドペンシル14Sと14Fシイラが底活性で、なかなかバイトしないときなどは、水面直下をトレースできるシンキングタイプの方がいいようです。


バックナンバー