It's a SportsWorld

熊野古道(妙法山)から見た熊野灘の日の出

那智駅では緋寒桜が開花

1月末、ボクの親しい友人、元バスワールド編集長和田さんのお仕事を久しぶりに手伝った。
とは言っても、釣りの取材ではなく、旅の取材と以前とはうって変わったお仕事。でも、熊野古道ガイドのボクとしては待ってましたで、ライターさんとカメラさんを引き連れて3日間のガイドをした。

本宮からスタートし熊野川を川舟で新宮まで下る。さらに、日の出前の那智は妙法山まで、結構いいものが出来るのでは?と期待しています。

妙法山から見る熊野灘の日の出は素晴らしかった本当は朝が苦手なボクですが、妙法山から見る熊野灘の日の出は、それだけの値打ちありで結構よかったですよ。さらに、海岸の那智駅では緋寒桜が春を待ちかねたかのように開花していました。

異常気象とよく言われますが、本当に今年は冬がありませんでしたね。地球環境を心配しつつも、それだけバスが早く動き出す訳ですね。3月には池原ダム湖でニジマス、ノボリのレィクトローリングが解禁されるし、熊野川のサツキマス(ノボリ)の遡上してきます。さあ皆さん準備はいいですか?


バックナンバー