It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

ブリのナブラは沈黙したが・・・

高橋さんが熊野の海に初挑戦 東京から熊野3度目の高橋さんが熊野の海に初挑戦しました。
昨年、熊野川のノボリ釣りに見えたとき、熊野の海でブリのトッププウオーターが楽しめる話をした。
それはおもしろそうだと、今回3日間の予定で熊野入りした。

ちょうど一週間前、ブリの具合を見に海に出た。午後4時になってあたり一面のブリのナブラがでて、トップウオーターでヒットしたが痛恨のバラし。この日高橋さんから電話があり、この話で盛り上がったが、お互い来週までここにいてくれと願った。

巨大カサゴ等々、鍋に刺身に最後はあら汁にと熊野灘の幸を満喫 結論から言うと、残念ながらブリのナブラは沈黙した。
しかし、ハタ・コウイカ・アカイカ・巨大カサゴ等々楽しんでいただいたと思う。さらに、釣果はクール便で送られ、鍋に刺身に最後はあら汁にと熊野灘の幸を満喫したはずだ。

情報では今ブリは母港三輪崎から10数マイルあたりでいるらしい。
まだまだチャンスはあるぞ!

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー