It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

思わぬ魚でトップを楽しむ

熊野川のノボリ(サツキマス)は7月15日の台風でほぼシーズンを終えた。
多くのゲストが熊野川のノボリにチャレンジしたが、シーズン後半は苦戦を強いられた。雨不足で熊野川の水位が低く、透明度も高いという悪条件でもあったが、どうやら、今シーズンはノボリの外れ年だったようで、昨年の好調が嘘のようだった。でも、連続で外れ年の可能性は低いので、来シーズンもノボリにチャレンジをお待ちしております。

さて、今回は東京からお越しの坂本さんの熊野川初挑戦。
熊野川で何でもいいから魚が釣りたいとのリクエストだったが、ノボリは終了だし、シーバスを狙うにしても台風の影響で濁りが残る熊野川は、遠くから来ていただくには条件としてはいまひとつ。
それでも、果敢に熊野川の魚に挑戦だ。
初日は夕方から夜間にかけてのシーバス狙い。尾友の淵で何度かシーバスのボイルがあり、当たりもあったものの残念ながら釣り上げるに至らなかった。

翌日も早朝から出船し昼島でノボリかシーバスのボイルに出くわしたが残念。その後は尾友でも魚の気配。ところが、思わぬ魚がトップに出た。何とバスだ。そこで急遽バス狙いに切り替え、相野谷川にボートを進めトップウォーターでバス狙い。そんなに大きいのは出なかったが、全くすれてないプリプリの元気なバスが水面を割り、これはこれで結構楽しいものだった。ガイイド浜松も久しぶりにバスを楽しんでしまいました。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー