It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

梅雨の合間の晴天は沢登りと山歩き

美女の寝顔と呼ばれる山並み。そんなに見えますか?美女の寝顔と呼ばれる山並み。
梅雨の雨は釣りに行こう。でも、梅雨の合間の晴天は沢登りと山歩きに行こう。

6月も後半、急に熊野古道語り部ガイドや熊野川のノボリ(サツキマス)ガイドが途切れ、2〜3日の空白の時間ができた。
普段休みが取れたらあれこれと予定を立てるのに、急にできた空白に色んなジャンルの友人にメールを打つと帰ってきましたよ。

大塔渓谷の滝
英会話同窓生から和歌山県は日置川水系の大塔渓谷の沢登りと同じく田辺の友人からはお酒のお誘いの2件。

と言うことで、沢登りに行ってきました。
沢登りと言っても誰でも歩けるよう整備されていて、普段着で歩ける。残念なのはアマゴが泳いでいるのに釣り竿を持っていないことだ。変化に富んだ流れに滝が連続し、涼風は汗ばんだ肌に心地よい。皆さんにも是非お勧めしたい。


民族資料館には日本狼の頭骨が保管されているとの話に、日本狼研究家としては大いに興味を引いたが、民族資料館は開店休業で実物を見るのは叶わなかった。事前に連絡すれば開けてもらえるらしく、日本狼は次回の楽しみとした。

帰りに田辺によって軽く一杯。勿論、飲んだら乗りません。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー