It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

ノボリ(サツキマス)を釣る為のタックルと期待の好条件

前々回の 『さあ熊野川のノボリ(サツキマス)のシーズンが始まるぞ』、前回の 『熊野川下流部におけるノボリ(サツキマス)のポイント解説』 と、熊野川のノボリについて解説してきたが、次はタックルについて話を進めよう。

一般的なルアーでノボリ(サツキマス)は釣れる

熊野川のノボリは定番のスプーンやミノーと言った一般的なルアーでも釣れる。
だからスプーンやミノーはタックルボックスから外せないが、マイブームはポッパー。つまりトップウォータープラグなのだ。

瀬や淵ではスプーン・ミノーも使うが、前記したように瀬脇に付いた小アユが、流れにさらわれ水面でもがくシーンを思い浮かべてみよう。これをポッパーで演出すると、それを待ち受けるノボリとしては、思わず水面を割って出るしかないでしょう。

ただし、ここで大切なポイントはマッチ・ザ・ミノーで、小アユのカラーサイズが大いに参考になる。ところが、現在、このマッチザミノーにズバリ当てはまるルアーが中々見当たらないのだ。

例えば、残念ながら廃盤になったダイワのTDペンシルの5cmアユカラーをよく使うが、遠投の必要性と強く太い流れで60cmのノボリのファイトを考えたタックルで、耐久性も含めこの軽量ルアーを使いこなすのは至難の技だ。

そこで、昨年は友人のルアーメーカー、アーネストと熊野川ノボリ用ポッパーを開発中で、今シーズンには何とか間に合うように頑張って製作中なのでこの春が楽しみだ。

スプーン・ミノーの使用方は、少し上流にキャストしてのUの字引きが基本で、軽量ポッパーは更に流れに乗せて下流のポイントまで流し込み、ホッピングで魚を誘う、通常トラウト釣りではやらないような方法でも実績をあげている。

ミノーを使う場合、速く強い流れを通すため、バランスのよいキビキビアクションを選び、流れが緩く水深のあところではイレギュラーなアクションも面白い。

イレギュラーなアクションで釣るも面白い

ボクの定番は、これも入手困難、お馴染みザウルスのブラウニー7〜9cmアユカラー。キビキビしたツゥイッチでノボリを誘う。
水深のあるポイントでアーネストAQ65S。ランダムなアクションのAQ3D70S。そして、もっとも多用するのはポッパーで、入手困難ダイワTDペンシル5cmアユカラーと、開発中で春には間に合いそうなアーネストAQ3D70Pアユカラー。

ポッパーの場合あまりカラーにこだわる必要はないが、心情的にどうしてもアユカラーを多用してしまう。

熊野川上流にはいくつかのダムがあり、発電放水の有無と水量による水位。いかだ下りのための観光放水。更に、最多多雨地帯に降る降水量による水位と、その都度ポイントは変わる。

例えば、多少の雨なら好条件なのだが、大雨後本流の水量が増加し濁りが入った場合。濁りの入りにくい高田川出合いや、流入する支流や沢の出合いが狙い目となる。

また、水量が少ないときは流心、水量が多いときは瀬脇。しかも、水量次第で川の流れが変わるから、その場その場での対応が釣果を左右する。

濁りが入った場合ポイントは絞られるが、水量が少なく水が澄んでいたらなおさら始末が悪い。この場合ミノーやスプーンでは魚にニセモノと見破られ、チェイスがあってもヒットする確立は極端に下がる。この場合は水面のポッパーが効果的だ。

好条件には潮時も影響される。例えば、尾友では大潮満潮時に水位があがる。この水位上昇に伴い、深い淵にいたノボリ、の他、チヌやスズキも上流に動き出す。大潮の満潮時は朝夕のまず目時にもあたりこれ以上の好条件はない。

使用するロッドはスプーンとか、重量のあるミノーを使う場合バスタックルを流用できるが、熊野川のスケールを考えると7ft以上で軽量ポッパーを使用することを前提としたものを選ぶ。ボクはザウルのボロントラウト用7ftと大型トラウト用8,2ftを使い分けしている。

リールに関してはドラグのスヌーズもので、6〜8mラインが100m以上は巻けるもの。

ラインはダブルライン・リーダーシステムをしっかりと。熊野川の流れは見た目より太く強い。おまけに過去64cmのビッグなノボリが出ているし、メーター近いスズキも同じ場所で釣れるから、悔しい思いをする前に腕を過信せず万全を喫したい。

3回に渡って、熊野川のノボリ(サツキマス)を解説してきましたが、如何でしたか?
ガイドは勿論オヤジが引き受けます。まずはお電話を・・・

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー