It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

熊野川下流部におけるノボリ(サツキマス)のポイント解説

前回のよもやま話 『さあ熊野川のノボリ(サツキマス)のシーズンが始まるぞ!』 で解説したように、シーズンにより、河口から40km以上と広大な流域がポイントとなるが、ここではポイントを下流部に絞って話を進めたい。

春、河川に入ったノボリは潮の干満が影響する尾友辺りの大淵に留まり、淡水域への進出に向け身体を慣らす。まず、ここが最初のポイントとなる。

太く強い熊野川の流れが千穂ヶ峰にぶつかり、左に大きくカーブする。水深は所によって10m。深い淵が400mほど続く。

アプローチは三重県側から、水深があるため重めのスプーンかミノーを使う。
ノボリの食いが立つと対岸でボイルが始まる。ただし、川幅がかなりあるため、ポイントになる対岸にルアーを持っていくのに一工夫必要だ。

これより上流高田川出合い、更に白見にかけてポイントが連続するが、熊野川の場合アプローチに問題がある。と言うのはポイントが三重県側あるいは和歌山県側と変わること。更に、場所によっては車を止めてから結構歩かないといけないことだ。

高田川、白見にかけてポイントが連続る

実際熊野川に立ってみると、さて、どこでノボリが食ってくるか迷ってしまう。
今まで何人ものベテランをガイドしてきたが、ほとんどがガンガンの瀬の障害物周りを狙う場合が多い。

一般的にトラウトを狙う場合、この選択は間違いではない。ベテランほど経験から自分の釣りを持っているので、この選択になるのだが、ボクはもう少し下流の流れの緩やかな瀬脇を狙う。ただし、熊野川の場合流れが緩やかと言っても思いのほか流れは太く重いのだが。ここで実際釣って見せるまでガンガンの瀬に執着し、ノボリに出合う選択肢を狭めてしまう。

ノボリはまず淵に溜り、食事のため瀬に出る。通常アマゴや岩魚は強い固体ほど餌が早く捕れる瀬頭に付く。だから瀬を狙うことは当然なのだが、ここで熊野川のノボリがどんな状況で何を捕食しているかが問題となる。

ずばり!熊野川のノボリの多くはアユを主に捕食している。盛期にはガンガンの瀬に付いたコケを食べるアユも、シーズン当初はアユも小さく、流心より瀬脇の流れの緩やかな場所に付くことが多い。

このアユがときたま流れに巻かれ瀬脇からふらりと離れる瞬間をノボリが待ち受けているのだ。

通常、ノボリは季節が深まるとどんどん上流を目指すが、中には盛期になってもあまり成長しないアユに付いて、結構遅くまで下流部に留まる固体もある。だから梅雨明けまで下流部でもノボリが狙えるのだ。

次回は、『ノボリ(サツキマス)を釣る為のタックルと期待の好条件』 を解説しよう。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー