It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

アオリイカはじめました!

海でも、山でも、川でも何でもガイドをしているオヤジこと浜松だが、実はアオリイカだけは乗り遅れていた。ところが、アオリイカをやりたい!との要請が近頃多くあり、組長こと藤原くんが秘かに?いや公然とアオリイカポイントの調査に尾鷲辺りに出動していた。そこで、実績を積みホームグランドである熊野灘に向け、三輪崎港からボートを出した。

風裏の宇久井港入り口にイカリを降ろす。ポイントは限りなく広い。狙うポイントは新宮港を出てから宇久井、勝浦に向けての磯場。と言ってもこの水域でボートでアオリイカのエギングはほとんど皆無でどんな結果が出るかとても楽しみだ。

ポイントは限りなく広がるが、この日は風があり風裏の宇久井港入り口にイカリを降ろす。最初はアオリイカ初挑戦のスタッフ坂口哲平に来た。手のひらクラスのレギュラーサイズ。当たりは分からなかったけど何となく重くなって・・・つまり釣れてしまったのだ。でも、何を言っても釣ったが勝ち。哲平の鼻の穴が広がる。次はオヤジに。
結局、午前中組長が大型1のバラシ。哲平が2、オヤジが3と組長の後姿が物悲しい哀愁をおびる。

時刻はそろそろ昼食時。勝浦港にボートを横付けし港と目と鼻の先にある、行列のできるマグロ料理竹原でしっかりランチ。午後からはボートの上でウトウトしていたが、その間に組長が奮発し手のひら2枚分約1キロとレギュラーサイズを2杯。哲平も組長が釣り上げたアオリについて来たもっとナイスサイズを船べりで横取りした。

組長が手のひら2枚分約1キロとレギュラーサイズを2杯藤原いわく「当たりは結構あるのだが・・・」オヤジと哲平はタックルに問題があるのかどうか、訳が分からないまま9杯のアオリをキープ。翌日はアオリイカパーティで盛り上がったのは言うまでもない。

その後もポイント開発は続き、海のガイドのNEWレパートリーがラインアップされた。水温が下がると数は減るが大型が・・・。

11月はジギングからアオリイカ。熊野川のスズキだってベストシーズン。これはじっとしてはいられない。さあ皆さんオヤジにお電話をどうぞ。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー