It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

三輪崎漁港でポッパーの五目釣り

今シーズンはいつもになく釣りをした気がする。大阪でフィッシングカレッジで講師をしていたころは釣り師よりシティーボーイを気取っていたし、山で森林組合にいたころは山びたり。でも、今シーズンはいつもになく気合が入っているのだ。

クマノプロジェクトの旧友、小森君が新宮に来てくれた。今後のガイドのレパートリーに、モイカとクロダイに入れるため、この釣りでは専門ガイドの小森君に指導をお願いしたのだ。

トップウォーターでのクロダイ釣りはシャローを狙う熊野川ではトップウォーターでキビレを釣ってはいるが、まだまだ狙って釣るほどのノウハウが確立されてなく、それに、烏賊様なるクロダイ用ルアーの使い方も教えてもらはなくてはいけない。そこで、熊野灘のルアー船イエローフィンを係留している三輪崎漁港に向かう。

クロダイのトップウォーター釣りはシャローを狙え。と言うことでロッド片手に漁港をウロウロしてると絶好の場所を発見。ただし、このポイントは満潮時水没する石積みで、その両側のブレイクラインが狙い目だ。

石積の向こう側いいよね!でも、かけても取れないよね。なんて言いながらキャスト。でも、こんなときに限って魚が出る。最初のメッキは何とかキャッチした。でも、クロダイらしき魚が石積みの手前で、横からルアーをひったくったがバラす。次は石積の向こう側で出てしまった。おそらくクロダイがしっかりルアーをひったくった。が、石積の向こうに潜られあえなくラインブレイク。やっぱりなめていてはいけません。反省。

この日は新子のモイカにメッキが釣れたロッド片手にウエストポーチにルアー。こんな釣り、ずいぶん昔にやったような気がするけど、これはこれで原点に戻ったようで結構楽しい。この日釣れた魚は新子のモイカにメッキ。クロダイは残念ながら次回の課題とした。

今シーズンは熊野川のノボリからスズキまでトップウォータープラグずくしで釣ってきたが、まだまだトップの釣りは広がる気がする。バレたもののポッパーにまあまあのモイカが出る瞬間も見たし、メッキもクロダイも・・・・・・と楽しい時間をすごした。これからしばらくはライトタックルのポッパーゲーム。そのうち皆さんをガイドできるものと期待しております。

勿論、小森君のお土産確保のためボートも出しました。一段と太った大サバに沖ガシラがお土産。皆さんのお越しをお待ちしたいます。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー