It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

今の熊野灘はナブラだらけの鳥山だらけ。魚さえいれば何でも釣れます。

熊野灘には真夏の太陽と白い雲いや〜あ、熊野灘には一気に真夏の太陽と白い雲が湧き上がっています。で、目を水面にやると、いわしの大ナブラが熊野の海一面に広がり、巨大シイラがボコボコ湧いていた・・・。と言うのが2週間ほど前の話。この話は組長が釣果報告をしていたので、スポーツワールドHPを御覧の方は御存知だと思う。

7月28日SSSの坂口さんを案内して熊野灘にボートを出した。坂口さんは久しぶりに熊野の海に出る訳だが、どこからかサバが湧いてるらしいと言う噂を聞きつけガイド依頼が来た。

熊野灘海岸近くをイワシの大ナブラ実は、シイラのボコボコは組長が入れ掛りしてから、台風がシイラをどこかに連れ去ってしまって、しばらく熊野灘はシイラの影すらいなかった。

ところが、イワシの巨大な群れは熊野灘周辺に居座りった。海岸の国道を車で走っていて、海岸近くをイワシの大ナブラが移動しているのが確認できる程なのだから、イワシの多さが半端でないのがよく分かる。

勿論赤い魚も釣っていただきましたこのイワシの群れにこれを食べる他の魚が付かない訳がない。でしょう!で、何が回ってきたかと言うとサバの大魚群だった訳だ。

港を出たとたんいきなりのナブラが・・・ところが坂口さん御一行は港を出る前だったので油断していて、このナブラはものにすることができなかった。でも、これはサバじゃなかったようで、確認はできなかったが、別の魚も入ってきたようだ。

サバ40cmオーバーのオンパレードとにかく、どこからでもナブラが確認できて、鳥山だらけ。かえって、どれを狙うかかえって迷ってしまうほどだ。結果は40センチオーバーのサバオンパレード。

所で皆さん、サバといってバカにしてはいけません。バスタックルなんかで掛けたものなら、引きまくられて奇声をあげること間違いなし。

ルアーは最初ジグ、ミノー、ポッパー。ここまではいいが、スピナーベイトまで繰り出しての入れ掛かり。最後はトレーラーフックに重りを付けただけの簡易ルアーでも釣れるのだから、つりの関しての能書きは全くなし。魚さえいれば何でも釣れます。

人は贅沢なのので、サバが少し釣れればなんて言いながら、山ほど、アイスボックスあふれるほど釣ったら、何か他の魚、赤い色がいい・・・なんて言いだすのだから困ったものです。勿論赤い魚も釣っていただきました。

ところで、前回シイラ入れ掛りのとき、台風の波で行けなかった辻出さん。今回も予約いただきましたが先約があり、申し訳ありません。

でも、今がチャンス。近いうちに是非チャレンジを。お待ちしています。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー