It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

「浜松さん徳島沖でマグロがぼこぼこ釣れてまっせ」

今シーズンは山仕事という修行に力が入り、春先にフライ・テンカラなんかでアマゴやノボリを少しやっただけ。そんな折、海の常客ハマチャンからマグロ釣りのお誘いがかかった。

「浜松さん徳島沖でマグロがぼこぼこ釣れてまっせ。今やっとかんと!」
7月は結構忙しいシーズンで、四国は徳島沖まで釣りに行ってる場合じゃないんだけど、マグロがぼこぼこ!なんて言われちゃ即返事で同行することになった。

70cm近い真鯛をゲット池原を午前11時10分にスタート。和歌山港から滑り込みでフェリーに乗り2時間、さらに大渋滞の徳島市内を抜け、目的の日和佐に着いたのが午後8時30分。

道中バーミアンでランチして徳島でリールを新調し、コンビニで食料を調達した1時間20分を差し引いても、なんと8時間もかかったじゃないか!これってケアンズより遠いよね。

お目当てのマグロをゲット出船は午前4時。まずはマキ餌のイワシをしこたま仕入れ、まずは沿岸でナブラを追う。最初は40cmクラスの美味しそうなサバの猛攻にラインが絡み悪戦苦闘。ところが、このナブラの下には鯛がいて、ハマチャンが70cm近い真鯛をゲット。

後半は1時間30分ほど沖のパヤオに移動すると、ハマチャンの言うとおりマグロのナブラがぼこぼこ。そこにはプロの漁師も交え6〜7隻の先客が、狂喜乱舞して交錯していた。

152cm、20キロオーバーのシイラ釣り方は餌でもルアーでも。でも餌釣りはシイラに先にやられるので、まき餌してルアーが効果的だった。

結局オレはキハダマグロは釣れなかったが152cm軽く20キロオーバーのシイラを釣った。これがシイラ狙いならすごいサイズなんだけど、同行メンバーに28キロのキハダをやられちゃ、思い切りかすんでしまう。

こんなにマグロが釣れるのは30年ぶりらしく、これを逃すと次はいつか分からない!様子も分かったことだし、もう一度行こうかな?

あ!うちも海のガイドやってますんで宜しく。ハマチャン徳島で浮気してないで、熊野の海にも来てね!

 

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー