It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

熊野川のノボリ(サツキマス)はそろそろシーズンイン

長く続いた山の暮らし、木を切ったり、植林したり、尾根道の整備をしたりと結構面白く、居心地がいいもんだからこのコーナーの更新が遅れてしまい、強くお叱りを受けました。そこで、遅ればせながらオヤジの…再開したいと思います。

今シーズンの冒頭は山の暮らしの報告でも…とも思ったんだけど、これは改てとして、やはり旬の釣りのお話としよう。

熊野川のノボリ(サツキマス)昨年久しぶりにはまってしまった熊野川のノボリ(サツキマス)今年もそろそろシーズンインで、ポイントごとに立ち込む釣り人のすがたが目に付くようになった。

ノボリのシーズンは稚鮎の遡上の頃からで、徐々にポイントを上流に移しながら7〜8月くらいまで釣れる。
池原ダムや阪本ダムでもトローリングで湖沼型のノボリは釣れるが、熊野川に立ち込んでのノボリ釣りは一味違った醍醐味がある。

熊野川は紀伊半島を代表する熊野の大河で、その流れは想像以上に太く強い。この流れを見方にしたノボリのファイトは、止水の釣りしか経験のない釣り師には想像を絶するもので、ヒットの後は冷や汗もののファイトが展開される。

ロッドはザウルストラウト用8ft。ラインは8〜10ポンド。場合によってはダブルライン、リーダーのラインシステムで熊野川のキング?に対する。すでに熊野川沿いにはちらほろとと流れに立ち込む釣り師の姿が見られ、いくつかの釣果が耳にはいる。

ここはそろそろ釣り師に戻り、熊野川のノボリに挑戦だ!釣果の程は後日改めて…では釣り場で会いましょう。あそうそう、『ノボリのガイド』格安でやってます。詳しくはスポーツワールドまでお問い合わせを…。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー