It's a SportsWorld

熊野灘・熊野川でノボリ(サツキマス)や、熊野古道(熊野街道)の散策など、アウトドア「浜松オヤジ」のよもやま話

バス釣りもいいけど海釣りが面白い!

真鯛ここの所、オヤジのよもやま話は海のルアーばかりだとお叱りを受けそうだが、とにかく出るたびにいろんな魚が釣れるものだから、がんがん海に通ってる訳だ。

11月2日トピックスでも紹介したBASSのプロ坂口さん達をガイドした。

海のジギング初体験の彼達ではあったが、港の入り口でまず小ぶりの真鯛をゲット。

サバフグ阿田和沖では30cmオーバーのエソの猛攻に坂口さんもたじたじ。バスプロ改めエソプロに解明か?

その後はサバフグが…とにかく入れ掛かり。後で魚屋さんで調べると700〜1000円程。勿論無毒のフグなので鍋用にお土産。

変わったものではホウボウまでもヒット。こちらも美味しい高級魚でお土産のテイクアウト。

ホウボウ肝心の青物は1発。坂口さんはなすすべもなく25ポンドをぶち切られた…だから言ったのに。なめちゃいけませんよって。

この日の釣果…サバフグ×10匹、巨大エソ×沢山、真鯛×1匹、ホウボウ×3匹、花鯛×1匹、コウイカ×1匹。

前回(11月4日)、沖サワラを久美ちゃんにやられた、歌って踊れる自然食品の浜ちゃんがリベンジで釣りに来た。
勿論狙いは青物だが、何が来るか分からないのがジギングの面白い所。

50cm近いヒラメ港の入り口で一投目にきた。あがった魚は何と、50cm近いヒラメ。またしても久美ちゃんにやられた。
まだおるで…と次にキャストしたオレにもヒラメが…うまそ〜ぅ! この日は先日と状況が全く違った。一日で海が変わる。だから面白くも難しくもある。

今回も浜ちゃんは久美ちゃんに返り討ちにあったのだ。
釣果…ヒラメ×2匹、サワラ×1匹、サバフグ×1匹。

海のジギングにはまった今回のゲスト2組は近いうちに再チャレンジの予定だ。

おやじこと浜松 光

ガイド:浜松 光(はままつ ひかる)

かつて、かの文豪(故)開高健氏にワームの達人とまで言わせた、スポーツワールドご意見番。紀伊半島のゲームフィッシングに精通し、熊野川のノボリ&シーバスガイドと熊野灘のソルトウォーターフィッシングガイドを担当する。また熊野古道語り部ガイドとしても活動し、総合的なアウトドア活動を皆様にプロデュースしている。

バックナンバー