It's a SportsWorld

藤原組長の「池原ダム」「七色ダム」フィッシングガイドブリーフィング

神奈川県からお越しの「五十嵐さん」を池原ダムでガイド

9月16日、はるばる神奈川県からお越しの五十嵐氏を池原ダムでガイドしてきました。

三重県津市の友達に会いがてら、ついでに夢の池原釣行をお考えになり、川崎市から津市まで5時間くらいだから津からだと1時間くらいでいけるんだろう!と安易に考えていてそのとんでもない距離に驚かされた同氏。池原をなめちゃあいけませんよ!高速道路を下りてからが本番ですから。

神奈川県からお越しの「五十嵐さん」さて、普段は芦ノ湖への釣行が多く、リザーバーはほとんど経験がなく何とか攻略方法を知りたいとのことでご依頼いただきました。

さらに、ハード系ルアーを使う率のほうが高いとのことでしたので、あえてバスフィッシングの広さも知っていただく意味でも、リグ系を中心に習得していただくことにしました。

正直、水の中も季節が移り変わるタイミングで、バスが夏でも秋でもない状態で、つかみ所がなくかなり難しい状況です。

まずは、夏の魚がステイするであろう岬周辺のディープを攻めましたが、何とも反応がない・・・。回遊してくるバスを待ち構えてみましたがこれもダメ・・・。

じゃあ秋の魚かと思い、岩盤エリアでカーブフォールさせるも今一つ。いったい何なんだぁー!と試行錯誤しているともうお昼。

気を取り直して坂本筋から前鬼筋に。こちらは台風後の影響でやや濁っている状態。水の状態は悪くないようでとりあえずは、岬周辺をヤミィやフリックシェイクのドロップショットワッキーで狙うも小型のバイトのみ。バックウォーターも台風直後のパワーはなくバスもパラパラ。でもそこそこサイズはいるようなので朝夕はいい感じです。

バックウォーターではワッキーリグで一応キャッチしておきましたが、大雨直後ではないのでそれほど長続きはしません。見切られるようになったらあきらめるかサイトでルートフィッシングをやってみてください。

この日前鬼筋がもっとも魚の生命感を感じられ、中流の岩盤エリアに流れ込みが絡んでいるところで、短時間の内にバタバタといった感じでキャッチしました。しかも、どこでもといったわけではなく、流れ込み+冠水した草が肝だったようで、草の中でベイトを待ち構えていたようでした。

ちょっと魚を探すのに苦労しましたが、基本的なリザーバーの攻めかたなどをレクチャーし、ソフト系リグの威力も実感していただいたので、芦ノ湖では使えませんが、関東のタフレイクでもきっと通用するはずです。神奈川県の津久井湖なんか池原と感じが似ていていいんじゃないですかね?

IR-64Sは6フィートクラスでも66.7gという脅威の軽さ!私事ですが、新たにロッドメーカーのUFMウエダさんと契約しました。

つい今9月から使い始めているPro4EXは一言、すごい!何がすごいって、まずその軽さ!画像のIR-64Sは6フィートクラスでも66.7gという脅威の軽さ!正直、これを使いだすと他メーカーのロッドが持てなくなるくらいです。

その上、すさまじい感度のよさ。感覚的にはG・ルーミスに似ていますかね。

Pro4EXの特徴は、EXだけに開発された、40トンカーボンにボロン(タングステン繊維)を入れたブランクスを使用しているので、超高感度かつ粘りのある仕上がりになっています。

その反面、非常に繊細にできているので、ロッドでバスを抜き上げるなどは禁物です。正直、簡単に折れちゃいます。そういうところからも上級者向けではありますが、今までは分からなかったバイトも逃がさず、釣果アップは間違いありません。

このコーナーを使って随時ロッドインプレッションも取り入れていきますので、お聞きになりたい方、またぜひ手に入れたい方はお問い合わせください。

組長こと藤原 秀揮

ガイド:藤原 秀樹(ふじわら ひでき)

元海上自衛官で艦船乗り。リザーバーでのバス&トラウトをメインに熊野灘でブルーマーリンをキャッチするなど、釣りの分野も多岐にわたる。
「バスフライサーフェイスシステム」 をはじめ関西ではなじみの少ないレイクトローリングなど、フィッシングガイドで、楽しいゲームフィッシングを皆様にプロデュース中。

バックナンバー